Windows10のPINコードは安全なのか

サポートノウハウ

個人的にWindows10のノートPCを購入しまして、会社で使っているPCとは少し使い勝手が違いましたので気になったところから記事にしていきたいと思います。

今回記事にしたのはPINコードについてです。PCログイン時に設定することができ数字4桁でログインが可能なのですが安全なのでしょうか?そのあたりについて書いていきます。

スポンサーリンク

WindowsPCのログイン

まず、ログインについて、会社のPCだと会社のドメインにPCを所属させてActiveDirectoryというWindowsの管理システムでログインIDなどを管理していますが、個人のPCでは当然そんなものはありません。

個人の場合だとWicrosoftアカウントと連動させるか、PC単独で管理できるローカルアカウントでログインするかの2択になるかと思います。

PINコードの設定方法

次に、Windows10でのPINコードの設定方法について記載します。

「設定」→「アカウント」→「サインインオプション」の下の方に「PIN」という項目があります。こちらから設定を行います。
(本記事で載せている画像は会社のPCの設定画面なのでグレーアウトされています。)

PINコードとは

PINコードとは暗証番号のことで、Personal Identification Numberの略です。直訳すると、個人を特定するための番号です。

基本的には4桁の数字

PINの文字通りに捉えると数字の組み合わせになりますがWindows10のPINコードの場合は最低4桁が必要です。

英字は記号も可

数字に限らず文字や記号も設定が可能です。ただ普通はパスワードの代わりに楽にログインするために使用するものなので4桁の数字がいいのではないかと思います。

普通のパスワードは

Windows10の場合、最初に書きましたがログインする時に2種類の方法が選べます。1つはMicrosoftアカウントと連動させる方法と、ローカルアカウントでログインする方法になります。

Microsoftアカウントと連動している場合

こちらの場合はMicrosoftアカウントと連動していますので、Microsoftが提供しているサービス(SkypeやOneDrive、Office365など)と連動します。Microsoftが提供しているサービスを利用しているのであればこちらを使うのがいいかと思います。

ローカルアカウントの場合

こちらの場合はMicrosoftとは切り離してログインする方法になります。一般的には使いにくくなるのであまり利用する機会はないかと思います。

注意事項

PINコードを銀行の暗証番号などと同じにしていると背後からの盗み見などPINコードがなんらかの形で漏えいしてしまうと多大な被害を受けることになりますので、PC起動用として個別に設定した方が安全です。

Microsoftアカウントと連動させている場合はPINコードとともにPCを盗まれた場合にMicrosoftアカウントにもアクセスできてしまうので、常時ログインにしておかない方が無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました