Windows10で一時ファイルを削除してCドライブの空き容量を増やす

サポートノウハウ

昔からWindowsに慣れている人はWindows10の新しい設定画面に慣れておらず従来のコントロールパネルなどを利用されている人も多いかと思います。

気がつけば一時ファイルが40Gを超えるほど肥大化しておりまして、従来の方法で一時ファイルを消そうとしても削除されず、新しい設定画面からだとすぐに削除できましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

今までの一時ファイルの消し方

従来だとCドライブを右クリックして「ディスクのクリーンアップ」を選択し、削除するファイルを選択して「OK」を押すと一時ファイルを削除することができました。

が、40Gを超えていたのが原因かわかりませんが、何度やっても削除されませんでした。

Windows10の設定画面から削除

Windows10の新しい設定画面からストレージの状態を確認することができます。

画面左下のWindowsマークをクリックし歯車マークの設定ボタンを選択します。

画面左上の「システム」を選択し、左側の選択項目から「ストレージ」を選び右側にストレージの種類が表示されますので今回の場合だとCドライブを選択します。(一時ファイルを削除してから画像をキャプチャしたのでだいぶスッキリした状態です。)

ストレージ使用量の明細が表示されますので「一時ファイル」を選択すると一覧が出ますのでその中から「一時ファイル」にチェックを入れて「ファイルの削除」をクリックすると完全に削除されました。

まとめ

色んなものをインストールしすぎたのか気づけばこんなにも一時ファイルが肥大化していまして、だいぶスッキリしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました