Windows10のスクショで便利な機能ができた!「切り取り&スケッチ」アプリのご紹介

Windows10

この記事ではWindows10でスクショ(スクリーンショット)を取る方法について説明をしていくのですが、とても画期的なアプリ「切り取り&スケッチ」をご紹介していきます。

まずはじめにこの記事では画面に表示された全部または一部を画像として保存することをスクショ(スクリーンショット)と読んでいきます。キャプチャとか色々名称があって分かりづらいですが、今回はスクショで統一していきますね。それではいきます。

スポンサーリンク

今まではPrintScreenキーかSnippng Toolだった

いままでどのように画面のキャプチャを取っていたでしょうか。一番多いのは昔ながらの手法として「PrintScreen」キーを使った方法でしょうか。

Windowsだけの機能で操作すると「PrintScreen」キーを押して「ペイント」にペーストして加工し保存するという方法が一番メジャーかもしれません。

その次に多いのが「Snipping Tool」を使った方法でしょうか。実はWindows Vistaから「Snipping Tool」のアプリが追加されました。私はWindows7の時に発見して感動したことを覚えています。

で、今回Windwos10に追加されたのが「切り取り&スケッチ」というアプリケーションで、「Snipping Tool」は廃止されていく予定です。

前置きが長くなってしまいましたが「切り取り&スケッチ」を紹介していきます。めちゃくちゃ便利です!先に機能の説明をしてから、起動の仕方を説明していきます。

「切り取り&スケッチ」アプリとは

Snipping Toolのパワーアップバージョンとも言いましょうか、画面を切り取り、ペンで書き込み、データとして保存・共有することまで一連の流れで行うことができます。

こんな画面で、使い方はいたってシンプル。左上の「新規」をクリックすると、以下のようなキャプチャ画面が表示されます。

上部にあるメニューバーの、左から順に1.四角枠を自由に切り取るか、2.資格じゃなくて丸などマウス操作で切り取るか、3.1つのウィンドウ画面を切り取るか、4.全画面を切り取るかの4つのパターンで切り取ることができます。

やはり一番面白いのは2の自由に切り取る場合でしょうか。こんな感じです。

このようにペンでグルっと囲った箇所が切り取られる感じです。その後は色付きのペンで書き込みができます。

「切り取り&スケッチ」アプリ の起動方法

「切り取り&スケッチ」アプリ の起動方法ですが、以下の画像のように画面左下のアプリ一覧から探し出すか、

以下のように、検索ボックスでも検索して起動することができます。

その他に、直接アプリを起動する場合はショートカットキーとして、[Windows]+[Shift]+[S]キーを押すと起動します。

また、画面左下のWindowsアイコンをクリック後、その上に表示される歯車アイコンの「設定」>[簡単操作]>[キーボード]の設定画面にいくと、以下の画像のように「PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く」という項目があります。

これをオンにすると、「PrintScreen」キーを押すと「切り取り&スケッチ」が表示されるようにも設定を変更することができます。これが一番いいかもしれません。私はこの設定をしてみました。

以上 「切り取り&スケッチ」アプリ のご紹介でした。だいぶ便利で切り取り方もオリジナリティが出るかと思います。ご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました