クラウドワークスとは?ランサーズとは違うの?

ITの活用

クラウドソーシングには、有名どころとしてクラウドワークスとランサーズのサイトが二つありますが、似たようなサイトでどちらがいいのか、何が違うのかと思う方がよくいると思います。

家にいながら、自分の好きな時に好きな場所でできるといった利点がありますが、さぁ始めようというときに、安全面ではどっちがいいのかや、稼ぎやすさはどちらがいいのかなど、比較してみました。

スポンサーリンク

クラウドワークスの良い所

クラウドワークスのいいところは、まずシステム利用料が安いところです。ランサーズが受取人負担の報酬金額から5%から20%引かれるのに対して、クラウドワークスは無料~20%が受取人負担の報酬金額から引かれる金額になります。報酬金額が20万以下の場合はランサーズのほうがおすすめですが、20万以上の場合はクラウドワークスのほうがおすすめです。

そして、クラウドワークスはランサーズに対して、応募件数のスピードが明らかにクラウドワークスのほうが早く、依頼される方が急ぎの案件の場合はクラウドワークスに依頼したほうがいいということです。

ランサーズのいいところ

一方でランサーズはクラウドワークスに比べて、依頼したい人にとってクライアント数が多いため、質の高い方が集まる傾向があります。

そしてランサーズは振込金額が比べてが安く、換金できる金額もクラウドワークスが1000円からの換金に比べて、ランサーズは100円から換金が可能ですので細かい金額から換金をしたい人にとっては、ランサーズのほうが良いですね。

また、ランサーズは立ち上げた年数が早いので登録している人数が非常に多く、知名度の高さでも圧倒的ですし、仕事に高い完成度を求める人に向いているクラウドワークスとは違い、経験の少ない方からプロの方まで幅広い人が登録されているので主婦の方や内職として稼ぎたい人にとってはランサーズのほうがおすすめです。

クラウドワークスとランサーズの違い

このように二つを比較しましたが、結局は二つのサイトともあまり違いはありません。知名度や登録者の特徴などがあげられますが、特に全体的に見ると、クラウドワークスのほうが絶対にいい!や、ランサーズのほうが絶対にいい!ということはないのではないでしょうか。

この記事のまとめ

初めての方でどっちにすればいいんだろうという方は最初の登録はどちらも無料ですので、とりあえず、二つ登録しておけば個人的な意見で比較できますし、片方の仕事がなくなれば、もう片方の仕事ができるので効率よく仕事ができて稼げるのではないでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました