クラウドワークスでの稼ぎ方について、どんな仕事があるの?

ITの活用

クラウドワークスをやっていても、たくさん仕事があるのに何をやっていいかわからずに全然稼げないなんてこともよくあります。うまく仕事を探して効率よく稼げるかを攻略すれば高収入につながります。

スポンサーリンク

クラウドワークスでの仕事の選び方

最初に仕事を始めるときにタスク形式での仕事や経験不問のお仕事、ほかにプロ向けとコンペでわかれています。プロ向けとコンペの作業は技術が必要で最初に始めるには難しいので、経験不問とタスク形式のお仕事から選ぶと思います。クラウドワークスでの仕事の選び方としていい方法は、まず表示されている金額を自給に計算してみるということです。

タスク形式だと一件1円から高くても2,3千円の報酬ですのでたくさんやればやるほど自給換算で上がりますが、内容としてたくさんの文字を打っても500円ももらえないような仕事になると2,3時間かけて作業をしたのに500円の報酬で、時給は300円程度ですのでこれをやり続けていては全然稼げません。それを考えると簡単な作業や未経験者歓迎などの仕事はあまり効率よく稼げないのかもしれません。仕事の選び方としては最初に手を付けやすい仕事ですのでやるにはいいと思いますが、たくさん稼ぎたい人にとってはやはり、継続案件で稼ぐのがいいと思います。

クラウドワークスの仕事の種類は?

稼ぎたいと思っていてもただ、高い案件をやってみても全然できなくてあきらめてしまうようなことがないように稼げる案件の中でも自分ができると思った仕事を選択しなければいけません。クラウドワークス内でのお仕事は大きく分けて、「プロジェクト」、「タスク形式」、「コンペ」と分けられます。
プロジェクト形式では、応募した仕事案件に対して、双方が契約内容の合意をしてから、契約を結んだり、仕事を依頼している人から直接メールなどで仕事を依頼され、契約を結んだりするもので、報酬は時給制や固定報酬型です。
タスク形式はアンケートに答えたり簡単な感想文などの文章作成などのお仕事で、クライアントとの契約などはなく、すぐ作業を開始できるお仕事です。報酬は簡単なだけに単価は1円単位や10円単位がほとんどです。コンペは、募集している内容に対して多くの人が提案して採用された場合報酬を得られます。
コンペは提案をたくさんして、採用されれば稼ぐこともできますが、採用されなければ報酬は得られない仕事です。

クラウドワークスでうまく仕事を選んで稼ぐには?

クラウドワークスでのお仕事では、もちろんプロの方は難しいものでどんどん稼いでますが、初心者の方にはたくさん作業をしてもあまり稼げない方も多く、やっぱり稼げないし何したらいいかわからないなと思うかもしれません。初めての方はまず、簡単なタスク形式のお仕事で仕事自体に慣れましょう。報酬は少ないものでも、200文字から300文字をまず書いてみて、はじめたほうが確実に稼げます。自分に合った仕事探しからはじめ、経験を積むことで自分ができる仕事選びから、稼げる仕事選びに変わります。

この記事のまとめ

このようにクラウドワークスでは、たくさんの仕事内容があります。何の仕事か、何をすればいいのか分からないと思う一方で、こんなにたくさんの種類のお仕事があるんだから自分に合う仕事はたくさんあるはず!と思えます。難しい仕事ばかり見てしまうと、やはりできないのかなぁと自信を無くしてしまいますので、たくさんの種類からじっくり探す時間を作ることも稼げる仕事ができることにつながるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました