クラウドワークスで副業はバレるの?

ITの活用

あなたが本業として会社に勤めている場合、気になるのはクラウドワークスでの副業をしていることが会社にバレるのではないかということでしょう。多くの会社では本業がおろそかにならないようにとか、会社内で知り得た機密事項が外部に流出しないようにといった理由で副業を会社規則などで禁止しているところが多いからです。

クラウドワークスでの副業はバレるのか、バレないようにする手段はあるのか、を見ていきます。

スポンサーリンク

会社がクラウドワークスでの副業を禁止していればバレるのマズい

まずはそもそも会社がクラウドワークスでの副業を禁止しているのかどうかを就業規則などをよく読んで確認しましょう。もしくは、仮にこれから転職をして、かつクラウドワークスで副業をしたいという方は、就職する先の規則確認しましょう。

副業は副業ですから、それがバレて会社にいられなくなるようなことがあっては本末転倒です。

基本的には規則で禁じられていることを行うべきではありません。

クラウドワークスでの副業がバレるキッカケ

確定申告においては副業での所得がクラウドワークス以外でも合計20万円を超えなければその必要がありません。そのことを知っていて所得を20万円以内に収めていたにもかかわらず会社にバレることがあります。それは主に住民税によるものです。

多くの会社では所得税と住民税を天引きしています。所得税に関しては20万円の件が適用されますが、住民税に関してはそれは適用されないのです。よって副業として得た収入は住民税の計算に際して考慮され、それが会社の経理担当者にバレるパターンがあります。

クラウドワークスでの副業がバレることを防ぐには

クラウドワークスでの副業がバレるキッカケが住民税なので、住民税に対して対策を施す方法があります。

会社から住民税を天引きされることを特別徴収と言います。それに対して自ら自治体に住民税の申告を行うことを普通徴収と呼びます。クラウドワークスの副業で得た収入の分だけこの普通徴収を行えば会社にその数字が渡ることを基本的には防ぐことができます。

まずはきっちり確定申告を行うことです。この確定申告を行う際に給与所得以外の住民税の徴収方法を自分で納付とします。

ただし、原則的には本業の収入以外の副業部分の収入を普通徴収にすることはできないので、確定申告を書類上で行うだけでは万全を期したとは言えません。実際役所に赴き、担当者に普通徴収ができるかどうかを確認し、かつ大丈夫だとの返事がもらえたらラッキーぐらいの感覚です。

また、収入の額などによっては確定申告で事業所得や雑収入と申告できる場合もありますので、こちらを検討することもできます。

マイナンバーは関係あるの?

そして、マイナンバー導入に関してですが、これは役所の処理が円滑に行われる効果を狙ったもので、上記の住民税に関することや確定申告に関することは変わりないので、副業がバレるバレないに関係してくるとは言えないでしょう。

その他に副業の赤字を損益通算した場合や、医療費、住宅ローン、株式による配当などがからんで副業がバレるケースもあります。まずはしっかり確定申告することと副業収入を自ら申告することに留意して楽しいクラウドワークスライフを送りましょう。

クラウドワークスで副業をするには

副業と聞くと、何か特別なスキルを持たないとできないんじゃないかと思いがちですが、
しかし、想像以上にいろいろあります。

もちろんスキルが必要で高単価なものから、誰でもできるような、例えばドラマの感想を書くような内容のものまで幅広くありますので、まずは月に1万円くらい稼ぎたいというところであればすぐに見通しがつくかと思います。

まずはクラウドワークスに会員登録をして、どんな内容のお仕事があるか見てみてもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました